國語讀本 巻十一


國語讀本 巻十一  朝鮮總督府
昭和九年三月二十二日翻刻印刷
昭和九年三月二十五日翻刻發行
昭和十二年二月十五日改訂翻刻印刷
昭和十二年二月二十日改訂翻刻發行
著作權所有 著作兼發行者 朝鮮總督府
翻刻發行兼印刷者 京城府大島町三十八番地 朝鮮書籍印刷株式會社
             代表者  井上主計
發行所 京城府大島町三十八番地 朝鮮書籍印刷株式會社
定價 金十三

総頁数 130頁
緒言なし
目録(24)
附録なし


第一課 昭憲皇太后(しょうけんこうたいこう)御歌
第二課 瑞竹(ずいちく)の林
第三課 漢字ノ話
第四課 新聞
第五課 飛行機
第六課 北海道
第七課 無言の行
第八課 征(せい)衣上途
第九課 此の一戰
第十課 母の鏡(かゞみ)
第十一課 ブラジルから
第十二課 李退渓(たいけい)
第十三課 小鳥の戰友
第十四課 水害見舞の手紙
第十五課 我は海の子
第十六課 朝鮮の水産業
第十七課 雲のいろ\/
第十八課 富士山上の日の出
第十九課 滿洲
第二十課 松阪の一夜
第二十一課 北鮮の旅
第二十二課 野口英世(ひでよ)
第二十三課 鐡眼(てつげん)の一切經
第二十四課 山内大尉(やまのうちたいい)の母の手紙


top or back  国語読本 巻十一