中等教育 國文讀本 巻三


中等教育 國文讀本 巻三  朝鮮總督府
奥付なし

総頁数 17?頁
緒言
目次 1-30


緒 言

一、本書ハ主トシテ高等普通學校國語科ノ教授ニ充用センガ爲ニ編纂シタルモノナリ。
二、本書ハ全部ヲ十巻トシ各學年ニ二巻ヅツヲ配當セリ。
三、本書ハ生徒ヲシテ現代ノ國文ヲ理解セシムルコトヲ主トシ、學年ノ進ムニ随ヒ、近古・中古マデノ國文ヲ交ヘタリ。
四、本書ノ假名遣ハ國語・字音共ニ歴史的假名遣ニ據レリ。
五、固有名詞・引用語句中特ニ必要ト認メタルモノハ、之ヲ上欄ニ摘出シ略解シタリ。

 昭和六年三月
                      朝 鮮 總 督 府


一 共同生活 …… 穗積重遠
二 畑を鋤く男(詩) …… 花岡謙二
三 利根川のほとり …… 島崎藤村
四 勿來關 …… 熊田葦城
五 雨の趣味 …… 黒田鵬心
六 浄瑠璃寺への道 …… 和辻哲郎
七 太陽と春(詩) …… 福田正夫
八 耽羅漫筆 …… 安倍能成
九 植物と詩歌 …… 三好學
一〇 先驅者 …… 菊地寛
一一 太田道灌
一二 新樹 …… コ富蘆花
一三 初夏の京城 …… 尾崎喜八
一四 ラヂオ …… 久米正雄
一五 二挺の鎌 …… 鳥野幸次
一六 犬山城の夕ぐれ …… 佐々木信綱
一七 蜩 …… 西條八十
一八 百濟の舊都 …… 杉村楚人冠
一九 少年に寄語す …… 高山樗牛
二〇 福澤翁の生家を訪ひて …… 五十嵐 力
二一 臺灣の旅 …… 芳賀矢一
二二 鄭夢周
二三 漸進主義 …… 八波則吉
二四 秋の響 …… 金子梔
二五 渡り鳥の生活 …… 松本亦太郎
二六 逗子だより(候文) …… コ富蘇峰
二七 死して惜しまるゝ人となれ …… 嘉納治五郎
二八 落ち葉を焚く歌(詩) …… 河井醉茗
二九 現代青年の目標 …… 乘杉嘉壽
三〇 伊能忠敬の晩學 …… 幸田露伴


top or back  中等教育 國文讀本 巻三