韓 国 語 書 籍




 とにかく釜山が好きだ。釜山に着いたらまず荷物をコインロッカーに入れて一目散に書店に入るのが習慣となっている。宝水洞(ポスドン)の古書店小路には在韓中から通い慣れた文学・思想系の古書店が1軒あって、まずはそこを物色することにしている。それから光復洞(グァンボクドン)まで歩いて、伝統茶屋でお茶を飲む。それから歩いて中央洞駅(チュンアンドン・ヨク)へ行って地下鉄に乗り、西面の栄光(ヨングァン)書店に行く。この書店は地下鉄2号線ができてから、地下街を通じて行けるようになったのですこぶる便利になった。ただ問題は、地上に出るための階段が気の遠くなるほど長いことだ。
 さて、この書店は4Fまですべてのフロアが書籍販売となっているため、まずはエレベーターで4Fへ昇り、それから半日以上かけて地下の語学専門フロアまでを攻めることにしている。本を大量に購入したら、書店から日本に船便で送れば良い。韓国の書店の便利さはそこにある。ソウルの教保文庫(キョボ・ムンゴ)は10万ウォン以上購入しないと日本に送れないが、栄光書店は4万ウォン以上購入すれば日本へ送ってくれる。もちろん、郵送費は自己負担だが、せいぜい2000円程度だから、重い荷物を背負って帰ることを考えれば安いものだ。
 西面にはもう1軒、デファショピングの横に大型書店(トンボ書店)があって、ここもよく利用しているが、最近両店の競走によって始まった5%ディスカウント・サービスの会員登録(無料)が、この店では外国人は利用できないので、ますます栄光書店での依存度が高まってしまった。
 そこで本ページでは、そのようにして購入してきた、作成者の所有する韓国語書籍のなかから、本サイト『近代日本と韓国・朝鮮半島』に関連するものを紹介していきます。




CONTENTS
親日派批判 韓日文学 韓国文学史 韓国文学作家論 復刻影印本 教育学
国語教育史 近代韓国朝鮮史 映 画 史 演 劇 史 建 築 写 真
日帝下の台湾(附録)


図 書

親日派批判
・イム・チュング著 『実録親日派』 ドゥルベゲ 1991.2
・『日帝残滓 19種』 図書出版カラム企画 1994
・金三雄編著 『親日派100人100文』 ドゥルベゲ 1995.2
・金ハクミン/ヂョン・ウンヒョン『親日派罪状記』 ハクミン社 1993.9
・半民族問題研究所 『親日派99人』(分野別重要人物の親日履歴書) ドゥルベゲ 1993
韓日文学
・林鐘國著『親日文學論 平和出版社 1966.7
・教育出版企画室『ヘ科書と親日文學』
疑活 1988.1
・金炳傑・金奎東編 『親日文學作品選集 1』 実践文学社 1986.3
・金炳傑・金奎東編 『親日文學作品選集 2』 実践文学社 1986.8
・李キョンフン編『親日文學全集U』平民社 1995.11
・金乙漢著 『東京留学生』 探求堂 1986.5
・愼根縡著 『韓日近代文学の比較研究』 一潮閣 1995.12
・金スンヂョン著 『韓日近代小説比較文學的研究』 太學社 1998.10
・辛遠燮著 『韓・日文學の関係論的研究』 国學資料院 1998.11
・兩ワンヨン著 『日帝強占期在日韓國人の文學活動と文學意識研究』 釜山大學校 1998.12
・鄭百秀著 『植民地體驗と二重言語文學』 アセア文化社 2000.3
・車培根著 『開化期日本留學生たちの言論出版活動研究(T)』 ソウル大學校出版部 2000.10
・韓國文學研究學會編 『韓國近代文學と日本文學』 國學資料院 2001.1
・嚴萬洙編著 『抗日文學の再照明――詩歌を中心に』 弘益齋 2001.11
・キム・ヂェヨン著『親日文學の内的論理』 亦樂 2003.12
韓國文学
・権寧a 『韓國現代文學批評史(資料T)』 檀君大學出版部 1981.11
・権寧a 『韓國現代文學批評史(資料U)』 檀君大學出版部 1981.11
・権寧a 『韓國現代文學批評史(資料V)』 檀君大學出版部 1982.8
・権寧a 『韓國現代文學批評史(資料W)』 檀君大學出版部 1982.8
・権寧a 『韓國現代文學批評史(資料X)』 檀君大學出版部 1982.8
金允植著『近代韓國文學研究』一志社 1973.2
・金允植/金ヒョン著 『韓國文學史』 民音社 1973.8
・金允植著 『韓國近代文學の理解』 一志社 1973
・金允植著 『韓國近代文學研究』 一志社 1973
・金允植著 『韓國近代作家論攷』 一志社 1974
・金允植著 『韓國現代文學史1945−1980』 一志社 1976
・金允植著 『韓國近代文藝批評史研究 一志社 1976.12
・金允植著 『韓國近代文學思想批判』 一志社 1978.3
・金允植著 『(続)韓國近代作家論攷』 一志社 1981
・金允植著 『韓國現代文學年表』 文學思想社 1988.7
金允植著『韓國現代文学思想史論』 一志社 1992.8
・金允植著 『韓國文學近代性批判』 文藝出版社 1993.11
・金允植著 『韓・日近代文学の関連様相新論』 ソウル大學校出版部 2001.7
・金允植著 『日帝末期韓國作家の日本語文章論』 ソウル大學出版部 2003.8
・李在銑著 『韓國開化期小説研究』 一潮閣 1972.8
・李在銑著 『韓國文學主題論』 西江大學校出版部 1989.2
・金烈圭著 『韓國神話』 一潮閣 1976.5
・金烈圭著 『韓國文學史―その形象と解釈―』 探求堂 1996.4
・金烈圭・朴載燮・他 『國文學概論』 學研社 1998.3
宋敏鎬著『韓國開化期小説の史的研究』 一志社 1975.6
・宋敏鎬著 『日帝末暗黒期文學研究』 新文社 1991.10
・李在徹著 『韓國兒童文學研究』 開文社 1995.8
・李在徹編 『韓國現代兒童文學作家作品論』 集文堂 1997.2
・鄭漢模著 『韓國現代詩文學史』 一志社 1974.3
『冩眞で見る小説70年史』(韓國短篇文學大全集 別冊U) 同和出版公社 1976.3
金治洙著『韓國小説の空間』悦話堂 1976.12
・金容稷・金治洙・金鐘哲編 『文藝思潮』 文學と知性社 1977.3
・白鐡著『新文學思潮史』 新丘文化社 1980
呉世榮 『韓國浪漫主義詩研究』 一志社 1980
・朴?澤・崔元植編 『韓國近代文學史論』 廃掩紫 1982.4
・金容稷他共著『韓國現代詩史研究』 一志社 1983.11
曹南鉉著『韓國知識人小説研究』 一志社 1984.12
金亭子著『韓國近代小説文体論的研究』 三知院 1985.3
・金用成・禹漢鎔共編 『韓國近代文學作家研究』 三知院 1985
・郭 根著 『日帝下の韓國文學研究―作家精神を中心に―』 集文堂 1986.9
・張コ順他 『韓國文学史の争點』 集文堂 1986.11
・金允植他『韓國文學概観』 語文閣 1986.11
徐俊變著『韓國モダニズム文学研究』一志社 1988.9
・李敏子著『開化期文學と基督教思想』 集文堂 1989.6
権ヨンミン編『越北文人研究』文學思想社 1989.10
・権ヨンミン著 『韓國現代文學史 1945−1990』 民音社 1993.7
権ヨンミン著『韓國現代文學史 19451990』民音社 1993.7
禹漢鎔著『韓國現代小説構造研究』 三知院 1990.2
・韓元永著 『韓國開化期新聞連載小説研究』 一志社 1990.5
・金學東著 『韓國開化期詩歌研究』 詩文學社 1990.6
李明宰著『植民地時代の韓國文学』中央大學 1991.9
・韓國文學概論編纂委員会編 『韓國文學概論』 叡進書館 1991.8
崔惠實著『韓國モダニズム小説研究』 民知社 1992.5
・韓國文學研究会編 『1930年代文學研究』(現代文學の研究 4) 平民社 1993.3
・徐光云著 『韓國新聞小説史 1880〜1970』 図書出版背妓戚 1993.8
・辛煕教著 『日帝末期小説研究』 國學資料院 1996.7
申載基 『韓國近代文学批評論研究』 高麗大學校民族文化研究所 1996.8
・金ヨンミン著『韓國近代小説史』車 1997.2
コミンスク寿18世紀から20世紀初 韓國詩歌詞の構図』 図書出版社誤 1998.8
・兩ワンヨン他『日帝強占期在日韓國人の文學活動と文學意識研究』釜山大學 1998.12
・李著『1930年代文学と近代体験』 文學と比較研究會 1999.10
・朴乙洙 『韓國開化期抵抗詩歌論』 アセア文學社 2001.8
金允植/金ジェフン他編 『ウリ文學100年』 ヒョナムサ 2001.7
・李在銑他 『開化期文學論』 韓國學術情報(株) 2002.1
・朴憲虎著 『植民地近代性と小説の様式』 ソミョン出版 2004.5
作家論
金允植著『韓國近代文學思想研究1 陶南と崔載瑞』 一志社 1984.9
・金允植著 『李箱研究 文学思想社 1987.12
・金允植著 『林和研究』 文学思想社 1989.12
・金烈圭・申東旭編輯 『崔南善と李光洙文學』 新文社 1981.9
・金編 『李光洙』 作家論叢書1 文學と知性社 1977.5
・金容稷編 『李箱』 作家論叢書10 文學と知性社 1977.7

・金治弘編著 『金東仁評論全集』 三英社 1984.4
東国大學韓國文學研究所編『李光洙研究 上』 太學社 1984.5
東国大學韓國文學研究所編『李光洙研究 下』 太學社 1984.5
・尹政憲著 『朴泰遠小説研究』  螢雪出版社 1994.6
ジョンヒョンスク編『朴泰遠』 セミ作家論叢書 1995.9
・安淑元著 『朴泰遠小説と倒立の詩學』  開文社 1996.12
安宇植著『金史良評伝』 文学と知性社 2000.5
秋錫敏著『金史良文学の研究』J&C 2001.5
復刻影印本(韓國文學)
『1930年代韓國文藝批評資料集』(影印本/全20巻)  啓明文化社 1989.10
・『
新人文學 一巻』(1934.71935.2) 國學資料院
・『新人文學 二巻』(1935.41935.7) 國學資料院
・『新人文學 三巻』(1935.91935.11) 國學資料院
・『新人文學 四巻』(1936.1〜1936.2) 國學資料院
・『新人文學 五巻』(1936.8〜1936.10) 國學資料院
教育学
・『韓國教育資料集成 開化期編 T』(影印本)韓國精神文化研究院 1993.10
・『韓國教育史料集成 開化期篇 U』(影印本)韓國精神文化研究院 1993.10
・『韓國教育史料集成 開化期篇 V』(影印本)韓國精神文化研究院 1991.8
・『韓國教育史料集成 開化期篇 W』(影印本)韓國精神文化研究院 1993.3
・『韓國教育資料集成 開化期編 X』(影印本)韓國精神文化研究院 1993.3
・『韓國教育資料集成 開化期編 Y』(影印本)韓國精神文化研究院 1993.3
・『韓國教育資料集成 開化期編 Z』(影印本)韓國精神文化研究院 1994.4
・『韓國教育資料集成 開化期編 [』(影印本)韓國精神文化研究院 1994.4
・『韓國教育資料集成 開化期編 \』(影印本)韓國精神文化研究院 1994.4
・『韓國教育史料集成 教科書篇 X』(影印本)韓國精神文化研究院 1994.10
・『韓國教育史料集成 教科書篇 XT』(影印本)韓國精神文化研究院 1994.10
・『韓國教育史料集成 教科書篇 XU』(影印本)韓國精神文化研究院 1994.10
・『韓國教育史料集成 教科書篇 XV』(影印本)韓國精神文化研究院 1996.2
・『韓國教育史料集成 教科書篇 XW』(影印本)韓國精神文化研究院 1996.2
・『韓國教育史料集成 教科書篇 XV』(影印本)韓國精神文化研究院 1996.2
・『韓國教育史料集成 教科書篇 XY』(影印本)韓國精神文化研究院 1996.2
・『韓國教育史料集成 教科書篇 XZ』(影印本)韓國精神文化研究院 1996.2
・孫仁銖著 『韓國近代教育史』 延世大學校出版部 1971.6
・孫仁銖著 『韓國開化教育研究 一志社 1980.8
孫仁銖著『日帝下の教育理念とその運動』韓國精神文化研究院 1986.12
孫仁銖著『韓國近代民族教育理念研究』 文音社 1988.5
・孫仁銖著 『韓國教育思想史 X』(基督教・日帝・植民地の教育思想) 文音社 1991.6 重版
孫仁銖著『韓國教育思想史 Y』 文音社 1991.6
・孫仁銖著 『韓國教育思想家評傳U』 文音社 1992.1
・孫仁銖著 『韓國教育史 T』 文音社 1998.2
・孫仁銖著 『韓國教育史 U』 文音社 1987
・李元浩著 『開化期教育政策史』 文音社 1983.4
金仁會他『韓國教育思想研究』 集文社 1983.9
・安基成著 『韓國近代教育法法制研究』  高麗大學校民族文化研究所 1984.3
・金善・孫仁銖・他編陽『韓國教育學の探索』  高麗院 1985.7
・鄭在哲著 『日帝の對韓國植民地教育政策史』  一志社 1985.12
・金永植・崔煕善著 『教育制度発展論』 星苑社 1988.4
・車錫基著 『植民地教育政策比較研究』 集文堂 1989.4
・金興洙著 『韓國近代歴史教育研究』 三英社 1990.5
李海明著『開化期教育改革研究』 乙酉文化社 1991.10
・盧榮澤著 『日帝下 民衆教育運動史』 探求堂 1992.1
・金興洙著 『韓國歴史教育史』 大韓教科書株式会社 1992.4
・呉芋均著 『韓國臨時政府民族教育研究』 集文堂 1992.4
・劉奉鎬著 『韓國教育課程史研究』 教學研究社 1992.8
・韓国教育研究所編『韓國教育史(近現代編)』熱笹 1993.2
・金英宇・皮貞晩共著 『最新韓國教育史研究』 教育科學社 1995.7
・韓國教育史研究會編 『韓國教育史』 教育出版社 1998.1
・呉ソンチョル著 『植民地初等教育の形成』 教育科学社 2000.2
國語教育史
金敏洙・李應百他著『國語教育論』  一潮閣 1973.11
徐炳國編著『國語教育資料叢書』 蛍雪出版社 1982.2
・李應百著 『續國語教育史研究』  新丘文化社 1988.8
・朴鵬培著 『韓國國語教育全史 上』 大韓教科書株式會社 1987.11
朴鵬培著『韓國國語教育全史 中』大韓ヘ科書株式会社 1997.9
朴鵬培著『韓國國語教育全史 下』 大韓ヘ科書() 1997.9
近代韓国朝鮮史
・『統監府法令資料集 上』大韓民国国会図書館 1972.12
・『統監府法令資料集 下』大韓民国国会図書館 1973.5
歴史學會編『韓國史資料選集 最近世篇』 一潮閣 1973.11
・『日帝侵略下 韓國三十六年史 10』大韓民國文教部國史編纂委員會 1975.12
・『日帝侵略下 韓國三十六年史 11』大韓民國文教部國史編纂委員會 1976.12
・『大韓毎日申報 1』(1904.81905.3 影印本)韓國新聞研究所 1976.9(全6巻)
・『大韓毎日申報 2』(1905.81906.7 影印本)韓國新聞研究所 1976.9(全6巻)
・『大韓毎日申報 3』(1906.81907.7 影印本)韓國新聞研究所 1976.9(全6巻)
・韓基彦・金廷鶴・他共著 『日帝下の文化侵奪史 日帝下の韓國研究叢書T 玄音社 1982.12
・金文植・韓昌浩・他共著 『日帝の經濟侵奪史』    日帝下の韓國研究叢書U 玄音社 1982.12
・趙容萬・宋敏鎬・他共著 『日帝下の文化運動史 日帝下の韓國研究叢書V 玄音社 1982.12
・崔永禧・金成植・他共著 日帝下の民族運動史』 日帝下の韓國研究叢書W 玄音社 1982.12
・金泳謨・劉奉哲・他共著 日帝下の民族生活史』 日帝下の韓國研究叢書X 玄音社 1982.12
・李忠雨著 『京城帝國大學』 多樂園 1980.3
・徐泰潤著 『韓國政府組織論』 博英社 1985.2
・権寧a『解放直後の民族運動研究』 ソウル大學出版部 1986.12
・金乙漢著 『東京留學生』  探求堂 1986.5
・千寛宇著 『韓國近代史散策』 正音文化社 1986.12
・金雲泰著 『日本帝國主義の韓國統治』 博英社 1986.9
李完宰著『初期開化思想研究』 民族文化社 1989.5
・韓國精神文化研究院 『日帝植民統治と社會構造の變化』(韓國の社會と文化 第11集) 1990.1
・韓國精神文化研究院 『日帝植民支配の生活像』(韓國の社會と文化 第14集) 1990.11
・孫禎睦著 『韓國開港期都市社會經濟史研究』  一志社 1982
・孫禎睦著 『日帝強占期 都市社會相研究』  一志社 1996.1
・孫禎睦著 『日帝強占期 都市化過程研究』  一志社 1996.1
・李光麟著『開化期の人物』 延世大學校出版部 1993.4
李光麟著『全訂版 韓國開化史研究』 一潮閣 1999.1
・金淇周著 『韓末在日韓國留學生の民族運動』 ヌチナム 1993.9
姜昌錫著『朝鮮統監府研究』 國學資料院 1994.1
・チョン・ウンヒョン著 『創氏改名』 學民社 1994.2
姜秉植著『日帝時代 ソウルの土地研究』(母岳實學會叢書第3輯) 民族文化社 1994.7
・ハ・ヂュングン著 『日帝植民官僚が分析した朝鮮人』 世宗出版社 1995.1
・朴慶龍著 『開化期漢城府研究』 一志社 1995.9
・趙恒來編著 『日帝の對韓侵略政策史研究』 玄音社 1996.3
李萬烈著『韓國史年表』 歴民社 1996.11
・柳永烈著 『大韓帝國期の民族運動』 一潮閣 1997.4
崔起榮著『韓國近代啓蒙運動研究』 一潮閣 1997.6
・朴ソプ著 『韓國近代の農業變動』 一潮閣 1997.7
・崔由利著 『日帝末期植民地支配政策研究』  國學資料院 1997.12
李光麟著『全訂版 韓國開化史研究』一潮閣 1999.1
勺戚櫛著 『日帝の韓國植民地統治方式』 世宗出版社 1999.2・鄭在貞著『日帝侵略と韓國鐡道』 ソウル大學校出版部 1999.7
韓国歴史研究會『われわれはこの100年間をどのように暮らしてきたか 1』 歴史批評社 1998.11
韓国歴史研究會『われわれはこの100年間をどのように暮らしてきたか 2』 歴史批評社 1998.11
・金ジンソン著『ソウルにダンスホームを許可する』 現実文化研究 1999.2
・チャペグン/オジンファン他編『ウリ新聞100年』 ヒョナムサ 2001.3
・延世大學國學研究院編『日帝の植民地支配と日常生活』 ヘーアン 2004.4
・趙恒來編著 『日帝の對韓侵略政策史研究 上』 韓國學術情報(株) 2004.5
・趙恒來編著 『日帝の對韓侵略政策史研究 下』 韓國學術情報(株) 2004.5
映畫史
・映畫振興公社 『写真で見る韓國映畫60年』  1980.2
・映畫振興公社 『韓國映畫70年 代表作 200 選』 集文堂 1989.12
・李英一著 『新版映畫概論』 韓振 1980.4
・『韓國シナリオ選集 第1巻』(草創期〜1955年) 集文堂 1982.3
・李ヒョイン著 『韓國映畫歴史講義 1』 理論と実践 1992.2
・李ヒョイン編著『韓國の映畫監督13人』伸鍵奪級 1994.2
・李重巨他著 『韓國映畫の理解』 森艦 1992.3
・金烈圭著 『大衆スター論』 世界社 1992.4
・韓國映畫學會 『韓國映畫の新しい發見』(韓國映畫学会誌9集) 1993.12
・キム・スナム著 『韓國映畫作家研究』 森艦 1995.9
・キム・スナム著 『韓國映畫の争点と理由』 庚森原雁 1997.12
・キム・スナム著 『解放前朝鮮写実主義のシナリオ』 セミ 2001.11
・キム・スナム著 『韓國映畫監督論 1 (解放前韓國映畫作家12人)』 知識産業社 2002.8
・ヂョン・ヂェヒョン『韓國草創期の映畫理論』 集文堂 1997.2
・鄭宗和著『資料で見る韓國映畫史 1 1905−1954』 悦話堂 1997.7
・『映畫評論』(韓國映畫評論家協会 第12号) ダインメディオ 1997.10
・韓國映畫學會 『映畫研究 13』(韓國映畫学会誌) 1997.12
・兪賢穆著 『韓國映畫発達史』 奪刊軒 1997.5
・キム・マンス・チェ・ドンヒョン著『日帝強占期 蓄音機音盤の中の劇・映画』 太學社 1998.11
・安鐘和 『韓國映畫側面秘史』1998.11
・金カプイ著 『世界映畫と韓國映畫』 集文堂 1999.6
・金カプイ著 『映畫企画の理論と実際』 集文堂 2000.5
・チョ・ヒムン著『羅雲奎』(偉大な韓国人4) ハンキル社 1997.6
但硲畠悪失著『羅雲奎と受難期の映畫』 韓國文化社 2001.4
・金カプイ編著 『春史羅雲奎 全集』 集文堂 2001.10
・キン・ジョンウク編著『春史羅雲奎映畫全作品集』 國學資料院 2002.12
・ホ・ヒョンチャ著 『韓國映畫100年』 文学思想社 2000.7
・チェ・チョクホ著 『北韓映畫史』 集文堂 2000.12
・金フア著 『物語韓國映畫史』 ハソ 2001.1
・『韓國の映畫ポスター T』 凡友社 1993.8
・『韓國の映畫ポスター U』 凡友社 1999.1
・『韓國の映畫ポスター V』 凡友社 2000.9
・『外國映畫ポスター T(1970-1989)』 凡友社 2001.12
・『外國映畫ポスター U(1990-1999)』 凡友社 2003.3
沿曽据/舛掻賠『ウリ映畫100年』 薄章紫 2001.12
・洪永葡『釜山映畫100年』 韓國映畫資料研究院 2001.10
・チュユシン著『韓國映畫と近代性』 圖書出版ソド 2001.3
・『スクリーンの外の韓國映畫史 1』 人物と思想社 2002.7
・キム・スナム他『韓國映畫史研究』(創刊号) セミ 2003.2
・李英一著『李英一の韓國映畫史のための証言録』 ソド 2003.12
・李英一著『改訂増補版 韓國映畫全史』 ソド 2004.5
・金・ジョンウォン他 『韓國映畫監督事典』 國學資料院 2004.4
演劇史
・李杜鉉著『韓國新劇史研究』辞随大学校出版部 
1966.5
・李杜鉉著『韓國演劇史』 學研社 1999.12
柳敏榮著『開化期演劇社會史』歯庚社 1987.5
・柳敏榮著『韓國近代演劇史』檀國大學校出版部 1996.10
徐淵昊著『韓國近代戯曲史研究』 高麗大學校民族文化研究所 1982.4
・檀國大公園藝術研究所編『近代韓國公演藝術史
資料集1(開化期〜1910年)』 檀大出版部 1984.11
・ミン・ビョンウク『韓國近代戯曲研究』 民知社 1995.2
沿幻呪・置疑薄『日帝強占期 蓄音機音盤の中の大衆戯曲』 太學社 1997.11
・ジャンハンギ著 『増補 韓國演劇史』東國大學校出版部 2000.3
・黄文平著 『人物で見る演芸史 生足跡 1』 図書出版 2000.4
・安光煕著『韓國近代演劇史資料集 第1集 1898〜1922』 図書出版亦樂 2001.5
建築
・建築運動研究會  『韓國近代建築概論 1989〜』(建築運動 4) テゴンサ 1992.6
社団法人韓國建築家協會『ソウルの建築』 降情 1995.2
舛錘薄著『ソウル市内 日帝遺産踏査記』 廃随 1995.10
沿舛疑『近代建築紀行』 祢献蝕紫 1999.7
重慎汎/戚雌背他編『ウリ建築100年』 薄章紫 2001.11
写真

・崔仁辰著『韓國冩眞史 1631−1945』 ヌンピッ 1999
台湾
・持地六三郎著『台湾植民政策』 冨山房 明治45年7月
東郷實・佐藤四郎共著『台湾殖民発達史』 晃文館 大正5年4
吉野秀公著『台湾教育史』臺灣日日新報社 昭和210
矢内原忠雄著『帝國主義下の台湾』 岩波書店 昭和4年10月
蔡茂豊著『台湾における日本語教育の史的研究 1895〜1945』 東呉大學日本文化研究所 1989.3

2004年9月26日 追加更新


back