合資會社 人文社

編輯兼發行人 崔載瑞

國民文学

昭和16(1941)年11月〜昭和20(1945)年5月


2006年10月16日更新


 昭和16年  ・11月号(創刊号)
 昭和17年  ・1月号 ・2月号 ・3月号 ・4月号 ・5・6月合併号  ・7月号 ・8月号 ・9月号 ・10月号 ・11月号 ・12月号
 昭和18年  ・1月号 ・2月号 ・3月号 ・4月号 ・5月号 ・6月号 ・7月号 ・8月号 ・9月号 ・10月号 ・11月号 ・12月号
 昭和19年  ・1月号 ・2月号 ・3月号 ・4月号 ・5月号
 昭和20年


   
昭和16年11月号
國民文學  創刊號  座談會 朝鮮文壇の再出發を語る

目次
國民文學 創刊號(國語版)

・朝鮮文壇の革新(巻頭言)……(2)
・世界文化と日本文化 ……尾高朝雄(4)
・革新の方向と論理 ……津田剛(16)
・座談會 朝鮮文壇の再出發を語る ……(70)
  辛島驍・芳村香道・李源朝・寺田瑛・白 鐡・崔載瑞
・映畫時評 ……(44)
・臨戰體制下の文學 ……芳村香道(26)
・國民文學の要件 ……崔載瑞(34)
・詩 雪・空・玄齊 ……佐藤清(10)
・手に手を ……朱耀翰(22)
・勇士を想ふ ……杉本長夫(42)
・東方の神々 ……金村龍濟(32)
・自畫像 ……林學洙(46)
随筆
・あの時この時 ……寺田瑛(96)
・午前三時のたは言 ……徐斗銖(99)
・出版檢閲餘滴 ……岸加四郎(102)
・伯林生活の思出 ……姜世馨(106)
・演劇時評 ……(92)
・朝鮮文壇と私の歩んだ道 ……金東仁(48)
・半島の音樂家を語る ……平間文壽(62)
・演劇界の現状 ……咸大勲(57)
創作
・薊の章 ……李孝石(112)
・月は東に ……田中英光(136)
・静かな嵐 ……李石薫(154)
・清涼里界隈 ……鄭人譯(171)
・父の足をさげて ……宮崎清太郎(198)
・編輯後記 ……(236)

國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料三銭)
〇半年分……四圓(送料不要)
〇一年分……七圓七十銭(不要)

昭和十六年十月十五日印刷
昭和十六年十一月一日發行
定價 七十銭(送料三銭)
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府堅志町一一一 印刷人 金光容圭
京城府堅志町一一一 印刷所 株式會社 大同出版社
京城府光化門通二一〇 發行所 合資會社 人文社
電話(光)B二六四四番
振替京城二八六三三番



   
昭和17年1月号(第二巻第一號)
國民文學 新年号

(目次前半部無し)
・西洋文學への反省 ……鄭寅燮(70)
・舊さと新しさ(文藝時評)……白鐡(78)
・音樂時評 ……大塲勇之助(88)
・半島の美術家を語る ……山田新一(100)
・聖地巡拝記 ……松本泰雄(94)
・子よ安らかに ……崔載瑞(90)
・座談會 文藝動員を語る ……(104)
 (五十音順) 辛島驍・嶋元勸・寺田瑛・津田剛・長崎祐三・白鐡・古川■秀・本多武夫
        星野相河・松本泰雄・矢鍋永三郎・八幡昌成・林和・本社側 崔載瑞
・映畫時評 ……A I Z(128)

・玉順さん ……竹内てるよ(56)
・園 了 ……金鐘漢(58)
・我はみがく大和に通ふ床を ……寺本喜一(66)
・連峰雲 ……田中初夫(62)
・古 譚 ……金圻洙(60)
・海に願ふ ……趙宇植(64)
短歌
・年頭の吟 ……大内規夫(5)
・折々に ……椎木美代子(31)

・旅の落穂 ……船田享二(130)
・友だち ……津田節子(137)
・大乗的風習論 ……韓植(140)
・朝鮮の食事 ……飯島慈次郎(143)
・寫眞と教養 ……山澤三造(144)
・私事公事 ……伊達平野(147)
・樂浪婦人の一面 ……榧木龜生(151)
・徳壽宮の朝 ……崔貞煕(154)
・葉書問答 今後如何に書くべきか!(現役文人三十餘人)……(160)
創作
・血 ……韓雪野(167)
・金海きよ子 ……湯淺克衛(191)
・南谷先生 ……兪鎭午(218)
・ムルオリ島 ……金史良(231)
・文人協會ニュース ……(262)
・編輯後記 ……(266)


〇定 價……七十銭(送料三銭)
〇半年分……四圓(不要)
〇壹個年……七圓七十銭(不要)

昭和十七年十二月十五日印刷
昭和十七年一月一日發行
特價 八十銭(送料三銭)
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府大平通一丁目三一  印刷人 天山益進
京城府大平通一丁目三一  印刷所 毎日新報社
京城府光化門通二一〇 發行所 合資會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番
東京市神田區淡路町一丁目九番地
配給元 日本出版配給株式会社



   
昭和17年2月号(第二巻第二號)
國民文學 
二月號(大東亞戰爭特輯號)

・シンガポール遂に落つ ……(2)
・大東亞戰爭の目的と性格 ……奥平武彦(4)
・獅島 ……佐藤清(14)
・宣戰の日に ……金龍濟(58)
・撃滅の歌 ……百瀬千尋(61)
・異土 ……鄭芝溶(62)
・梅の實 ……杉本長夫(64)
・神の弟妹 ……兒玉金吾(66)
葉書問答
・大東亞戰爭に依つて何を教へられたか?……諸氏(68)
・大東亞文化圏の構造 ……(24)
・(座談會) 秋葉 隆・津田 剛(本社側)
       辛島 驍・森田梧郎・崔載瑞
・文人協會ニュース ……(72)
・戰時最低生活の(「の」が諺文表記)問題……高承濟(25)
・國民文學回覧板 ……(72)
創作
・夕陽 ……李泰俊(76)
・白日 ……朴魯甲(102)
・寒月 ……鄭飛石(38)
・更生一家 ……朴英鎬(153)
・圓覺村 ……安壽吉(171)
・編輯後記 ……(192)


〇定 價……七十拾銭(送料三銭)
〇半年分……四圓(不要)
〇一年分……七圓八十銭(不要)

昭和十七年一月十五日印刷
昭和十七年二月一日發行
定價 七十銭(送料三銭)
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府太平通一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府太平通一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府光化門通二一〇 發行所 合資會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番
東京市神田區淡路町一丁目九番地
配給元 日本出版配給株式会社




   
昭和17年3月号(第二巻第三號)
國民文學 三月號

・大東亞建設と我等 ……(2)
・知識人表情 ……兪鎭午(4)(
赤太文字はハングル)
・一枝の倫理 ……金鐘漢(26)
・朝鮮の開拓文學 ……金午星(18)
・私の頁 ……崔載瑞(10)
・半島の基督教革新を語る(座談會)……(50)
  葛城広基・沈明燮・原口貢・松本泰雄・全弼淳・丹羽清三郎・松本卓夫・崔載瑞

・首 ……柳致環(38)
・孔雀 ……呂尚玄(40)
・道(キル)……李庸岳(42)
・健忘症 ……金起林(67)
・基督教と新體制運動 ……禾谷春珠(73)
・手帖考 ……桂鎔默(70)
・大と村(グァマウル)……鄭人澤(75)
・巡拝録 ……牧洋(44)

・國民文學回覽板 ……(80)
・文壇消息 ……(76)
創作
・文書房 ……李無影(81)
・灯火(トゥンブル)……金南天(106)
・市井 ……李箕永(128)
・酋長イサベラ(戯曲)……咸世徳(152)
・編輯を了へ ……(190)


〇定 價……七拾銭(送料三銭)
〇半年分……四圓(送料不要)
〇一年分……七圓八十銭(同 )

昭和十七年二月十五日印刷
昭和十七年三月一日發行
定價 七十銭 ★送料三銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府安國町一五三 印刷人 朴仁煥
京城府安國町一五三 印刷所 中央印刷所
京城府光化門通二一〇 發行所 合資會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番
東京市神田區淡路町一丁目九番地
配給元 日本出版配給株式會社




   
昭和17年4月号(第二巻第四號)
國民文學 四月號 若き世代に與ふる書

・(巻頭言)斷絶と持續 ……(6)
・若き世代に與ふる書 ……松月秀雄(8)
・詩の誠實性について ……佐藤清(3)
・文藝時評(私の頁)……崔載瑞(19)
・戰爭のモラル ……コ田馨(25)
・日本基督教の誕生 ……松本卓夫(62)
・(詩)野にて ……楫西貞雄(21)
・(詩)合唱について ……金鐘漢(40)
・(詩)粉 雪 ……川端周三(31)
・特輯 新しき國民文藝の道
・私はかう考へてゐる ……李孝石(43)
・作家の立場から ……鄭飛石(55)
・國民詩について ……杉本長夫(54)
・作家の心構へ其他 ……鄭人澤(51)
・我が創作信條 ……田中英光(47)

・國民演劇の樹立 ……朱永渉(15)
・生活哲學概論・を讀む ……星野相河(76)
・朝鮮農村物語・を讀む ……前川勘夫(77)
・朝鮮の市場・を讀む ……高承濟(80)
・佐藤春夫先生へ ……金鐘漢……(68)
・加藤武先生へ ……李無影(72)
・朝鮮文人協會懸賞小説發表 ……朝鮮文人協會(84)
・(小説)連絡船(當選作)……久保田進男(86)
・(小説)黒蟻と白雲 ……田中英光(132)
・(小説)色箱子 ……鄭人澤(114)
・(小説)訪 問 ……木山捷平(141)
・(小説)妻の故郷 ……青木洪(170)
・編輯を了へて ……(192)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料三銭)
〇半年分……四圓(送料不要)
〇一年分……七圓八十銭(同 )

昭和十七年三月十五日印刷
昭和十七年四月一日發行
定價 七十銭 ★送料三銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府太平町一ノ三一  印刷人 天山益進
京城府太平町一ノ三一  印刷所 毎日新報社
京城府光化門通二一〇 發行所 人文社
電話(光)二六四四
振替京城二八六三三番



   
昭和17年5月号(第二巻第五號)
國民文學 五六月合併號

・巻頭言・太陽の仰げ ……(2)
・徴兵制施の意義 ……崔載瑞(4)
・生活と文學 ……平沼文甫(9)
・ツァラツストラ ……趙演鉉(13)
・歴史小説について ……徳田馨(20)
・美術時評・山田新一 ……(63)
・風俗時評・寺田瑛 ……(19)
北進隊それから
・北進隊餘話 ……柳致眞(26)
・父・李容九を語る ……大東碩夫(29)
・北進隊を企畫して ……大和塾(33)
特輯・大東亞共榮圏と半島
・半島の人的資源 ……正久宏之(54)
・食糧問題と半島農業 ……印貞植(64)
・半島人の海外進出 ……青山信介(104)
・半島の工業化 ……川合彰武(98)
★名士徴兵の感激を語る
・あへてことあげす・其他 ……九名士(42)
科學者随筆
・東大門の陰と線 ……野村孝文(119)
・南方への誘ひ ……ニ瓶久(113)
・機業地明暗物語 ……齋藤幸太郎(127)
・詩・鶯の歌 ……川端周三(38)
・詩・風 俗 ……金鐘漢(24)
・半島學生の諸問題を語る 座談会
  木山炳奎・古川兼秀・本多武夫・堀内朋 ……(130)
  東原寅燮・松月秀雄・増田道義・崔載瑞
・(小説)若い力 ……安東益男(152)
・(小説) 夜 ……牧洋(188)
・徴兵制實施紀(
ママ)念懸賞論文募集 ……(207)
・編輯を了へて ……(209)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料三銭)
〇半年分……四圓(送料不要)
〇一年分……七圓八十銭(同)

昭和十七年五月十五日印刷
昭和十七年六月一日發行
定價 八十銭 ★送料四銭
京城府光化門通二一〇  編輯兼發行人 崔載瑞
京城府太平町一ノ三一  印刷人 天山益進
京城府太平町一ノ三一  印刷所 毎日新報社
京城府光化門通二一〇 發行所 人文社
電話(光)二六四四
振替京城二八六三三番




   
昭和17年7月号(第二巻第六號)
半島唯一の文化雑誌
國民文學 七月號 座談會・軍人と作家・徴兵の感激を語る

・巻頭言・半島の精進 ……(2)
・新しき批評のために ……崔載瑞(4)
・日本への愛執 ……金村龍濟(113)
・作家・李孝石 ……兪鎭午(13)
徴兵の詩
・幼 年 ……金鐘漢(54)
・あつき手を擧ぐ ……中野鈴子(56)
・鯉 ……李庸海(58)
・鮮展回想(美術時評)……山田新一(82)
・★高倉情報課長(時の横顔)……金記者(80)
・ふるさとのうた ……青木洪(84)
・滿洲・旅信抄 ……鄭人澤(90)
・徴兵問答 ……(111)
・新刊紹介 ……(14)
・建軍の本義 ……倉茂周藏(62)
・軍人と作家・徴兵の感激を語る ★座談會
・淺井中佐・牧 洋・田中英光・馬杉少佐・青木洪・木下俊 ……(32)
・徴兵制と女子教育 ……琴川寛(68)
・城大理工學部をのぞく ……白川哲夫(108)
・職場だより ……山田一郎(105)
科學者随筆
・半島農業ホルモン ……三須英雄(94)
・干拓のことども ……中村總七郎(97)
・農業の地方的色彩 ……廣田豊(101)
・生活時評 ……寺田瑛(31)
・映畫時評 ……須田静夫(98)
・(小説)船の中 ……趙容萬(120)
・(小説)子と共に ……宮崎清太郎(174)
・(シナリオ)春の嵐 ……林庸均(138)
・讀者原稿募集 ……(203)
・編輯を了へて ……(104)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓(送料不要)
〇一年分……七圓八十銭(同)

昭和十七年六月十五日印刷
昭和十七年七月一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府光化門通二一〇  編輯兼發行人 崔載瑞
京城府太平町一ノ三一  印刷人 天山益進
京城府太平町一ノ三一  印刷所 毎日新報社
京城府光化門通二一〇 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四
振替京城二八六三三番




   
昭和17年8月号
半島唯一の文化雑誌
國民文學 八月號 創作特輯 徴兵制記念論文

・内鮮文學の交流 ……(1)
・練成の概念 ……松月秀雄(4)
・朝鮮文學の現段階 ……崔載瑞(11)
・新しき史詩の創造 ……金鐘漢(20)
・太平記について ……田中英光(24)
・徴兵懸賞論文當選發表 ……(34)
・徴兵制實施と我等の覺悟(當選論文)……(36)
  金田龍圭 清道忠雄 眞山周榮 岩村光 平山勝義
・徴兵令制定の前後 ……森田芳夫(52)
・周防園長の殉職記 ……吉岡貞藏(56)
・東海紀行 ……三根謙一(60)
・冠帽峯の植物 ……齋藤龍本(63)
・夏の鴨緑江 ……則武三雄(64)
・詩 ……闖入者 ……杉本長夫(68)
・皇帝(小説)……李孝石(70)
・旅の便り(小説)……吉川江子(92)
・麥飯の記(小説)……久保田進男(116)
・ベベンイ(シナリオ)……呉泳鎭(140)
・おらが庭(葉囘答)……(31)
・編輯を了へて ……(184)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料三銭)
〇半年分……四圓(送料不要)
〇一年分……七圓八十銭(同 )

昭和十七年七月十五日印刷
昭和十七年八月一日發行
定價 七十銭 ★送料四銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府長谷川町七四 印刷人 近澤茂
京城府長谷川町七四 印刷所 近澤印刷部
京城府光化門通二一〇 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番



   
昭和17年10月号(第二巻第八號)
半島唯一の文化雑誌
國民文學 拾月號 北方圏文化

・編輯者の地位と使命 ……(1)
・新しき世界觀 ……崔南瑞(4)
・打開さるべき道 ……齋藤清衞(12)
・名作研究 ……牧洋(30)
・文化政策の理想 ……高承濟(17)
・北方圏文化(座談會)……(58)
・朝鮮國民學校論 ……渡部學(24)
・共産主義と戰爭 ……大池一郎(49)
・國家と經濟と文化 ……崔水弘(36)
・徴兵制記念論文【V】……眞山周榮(44)
・青年詩集 ……(102)
・明日への半島映畫 ……中田晴康(77)
・★昆蟲記 ……藤浪珠子(88)
温故随筆
・陶磁蒐集今昔談 ……金悳永(81)
・樂浪調査 ……榧本龜生(83)
・陶片漫語 ……笠井周一郎(85)
・崔承喜と趙澤元 ……石井漠(74)
・昌城屯にて(現地報告)……柳致眞
・鐡を掘る話(小説)……李北鳴(118)
・ふるさとの姉(小説)……青木洪(144)
・演劇時評 岸本寛 ……(117)
・編輯後記 ……(164)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓(送料不要)
〇一年分……七圓八十銭(同 )


昭和十七年九月十五日印刷
昭和十七年十月一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府長谷川町七四 印刷人 近澤茂
京城府長谷川町七四 印刷所 近澤印刷部
京城府光化門通二一〇 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和17年11月号(第二巻第九號)
半島唯一の文藝雑誌
國民文學 拾壹月 國民文學の一年を語る・座談會
國民文學 十一月特大號

・評論の一年 ……白鐡(16)
・創作の一年 ……兪鎭午(2)
・詩壇の一年 ……寺本喜一(20)
・國文學研究案内 ……荻原浅男(24)
・★朝鮮文人協會の改組 ……辛島驍(42)
・防人のこころ(名作研究)……徐斗銖(46)
・詩 秋の囁き ……金村龍濟(82)
・詩 池田助市挽 ……川端周三(84)
・半島兒童の遊戯 ……秋月孝久(36)
・國民練成の記 ……竹内一郎・中村正衛(52)
・朝鮮通信使史話 ……黒田省三(60)
・徴兵制記念論文 ……岩村光・平山勝義(66)
・國民文學の一年を語る ……(86)
  ★座談會 森圖書課長・兪鎭午・宮崎清太郎・杉本長夫・白鐡・田中英光
       牧洋・崔載瑞・金鐘漢
自作自題
・船の中 ……趙容萬(98)
・ベベンイの巫祭 ……呉泳鎭(99)
・文書房 ……李無影(102)
・静かな嵐 ……牧洋(103)
・子と共に ……宮崎清太郎(104)
・★朝鮮の印象 ……木山捷平
創作
・濃霧 ……鄭人澤(114)
・野菊抄 ……崔貞煕(131)
・呉王渡 ……田中英光(148)
・★出版だより ……(172)
・編輯後記 ……(171)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭(同)

昭和十七年十月十五日印刷
昭和十七年十一月一日發行
特價 八十銭 ★送料二銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府長谷川町七四 印刷人 近澤茂
京城府長谷川町七四 印刷所 近澤印刷部
京城府光化門通二一〇 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和17年12月号(第二巻第十號)
半島唯一の文藝雑誌
國民文學 拾貳月
古典主義文學 田中梅吉
朝鮮映画の明日
朝鮮通信使史話

國民文學 十二月送年號

・教養と時局 ……齋藤清衞(36)
・古典主義文學 ……田中梅吉(18)
・朝鮮通信使史話(二)……黒田省三(57)
大東亞戰爭一周年を迎へて
・新しき決意 ……(2)
・詩 決意 ……杉本長夫(8)
・詩 待機 ……金鐘漢(10)
・詩 決意の言葉 ……寺本喜一(6)
・言葉 私の決意 ……七名士(13)
・★詩壇時評 ……童子(43)
・文藝時評 ……石田耕人(50)
・國語力の練成 ……鈴木隆盛(44)
・明日の朝鮮映畫を語る ……(68)
★座談會  森圖書課長・高井那夫・安夕影・李軒求・中田晴康・呉永鎭
      西龜元貞・崔載瑞・金鎭漢
・詩人としての佐藤清先生 ……崔載瑞(82)
・赭土の頃 ……杉本長夫(90)
・朝鮮を去る日に ……田中英光(94)
創作
・影 ……韓雪野(100)
・淨魂 ……卞東琳(139)
・父 ……宮崎清太郎(158)
・森君夫妻と僕と ……趙容萬(124)
・★編輯後記 ……(174)
・平南支社設置祝賀廣告 ……(175)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭(同 )

昭和十七年十一月十五日印刷
昭和十七年十二月一日發行
特價 七十銭 ★送料二銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府長谷川町七四 印刷人 近澤茂
京城府長谷川町七四 印刷所 株式會社近澤印刷所
京城府光化門通二一〇 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和18年1月号(第三巻第一號)
半島唯一の文藝雑誌
國民文學 壹月 新年特大號
特輯 國語問題の前進

・戰捷の春 …… (巻頭言)(6)
・朝鮮に於ける國語 ……時枝誠記(10)
・國語教育の変遷 ……森田梧郎(16)
・國語にそだてる ……飯田彬(24)
・★曇徴(詩) ……佐藤C(34)
・國語の諸問題會談 ……(50)
     近藤時司/李無影/寺本喜一/琴川寛/牧洋
・音樂時評 ……朴容九(49)
・朝鮮文学の特質と方向について ……安含光(38)
・國語普及の現地報告 ……(116)
     青木洪/久保田進男/朱永渉/城山昌樹/小山元昭/鞘野久米藏
・愛國百人一首 ……日本文學報國會選(108)
・朝鮮通信使史話 ……K田省三(62)
・美術時評 ……尹喜淳(72)
・文化と宣傳(對談) ……津田剛 崔載瑞(76)
・平壤の文化を語る ……(現地座談會)(86)
・西鮮から北鮮へ ……崔載瑞(100)
・戰域に誓ふ ……(諸名士)(76)
・創作
・石橋 ……李泰俊(128)
・或る朝 ……金南天(152)
・湯本まで ……吉川江子(137)
・戯曲 エミレエの鐘 ……咸世コ(164)
・★出版通信 ……(201)
・編輯後記 ……(202)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭(同 )

昭和十七年十二月十五日印刷
昭和十八年 一月 一日發行
特價 八十銭 ★送料三銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府長谷川町七四 印刷人 近澤茂
京城府長谷川町七四 印刷所 株式會社近澤印刷所
京城府光化門通二一〇 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和18年2月号(第三巻第二號)
半島唯一の文藝雑誌
國民文學 貮月
特輯 國語詩壇の確立
きさらぎ詩集 太白山脈(連載小説)金史良

・捷ちぬくために ……(巻頭言)(4)
國語詩壇の確立
・詩壇の根本問題を衝く(座談會) ……(8)
     佐藤C/金村龍濟/杉本長夫/趙宇植/寺本喜一/崔載瑞/金鐘漢

詩と言葉
・最近の詩作品 ……則武三雄(24)
・生きた言葉 ……朱永渉(25)
・言葉の問題 ……平沼文甫(25)
・文語と口語 ……川端周三(26)

・朝鮮通信使史話(五)(ママ)  ……黒田省三(68)
・愛國百人一首評釋(一) ……近藤時司(28)
・歐羅巴文化の理念 ……デユクハイム(49)

きさらぎ詩集
・日月回歸 ……安倍一郎(56)
・若き師の歌へる ……柳虔次郎(58)
・或る讀書兵 ……一色豪(60)
・富士山に寄す ……楊明文(62)
・征ける友に ……芝田河千(60)

・短歌に依る朝鮮の表現 ……小川太郎(33)
・知性人の哀愁 ……山田一郎(40)
・劇作家への希望 ……呉禎民(44)

・國語普及の現地報告(二) ……久保田進男(81)
                  ……鞘野久米藏(85)
・軍人精神について(對談) ……倉茂周藏(96)
・井上正夫からの手紙 ……寺田瑛(104)

・太白山脈(第一回) ……金史良(106)
・農村から(小説) ……久保田進男(132)
・エミレエの鐘(戯曲) ……咸世コ(145)
・文化陣營 ……(96)
・新刊紹介 ……(92)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭(同 )

昭和十八年一月十五日印刷
昭和十八年二月 一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府長谷川町七四 印刷人 近澤茂
京城府長谷川町七四 印刷所 株式會社近澤印刷所
京城府光化門通二一〇 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和18年3月号(第三巻第三號)
半島唯一の文藝雑誌
國民文學 參月
義務教育になるまで
現地座談會 新半島文學への要望

三月號目次

・大東亞文化の創造 ……高承濟(16)
・朝鮮通信使史話(五) ……K田省三(36)
・愛國百人一首評釋(二) ……近藤時司(50)
・南進譜(詩) ……杉本長夫(34)
・潮満つる海にて(詩) ……川端周三(32)
・新進作家論 ……金鐘漢(26)

・新半島文學への要望(座談會) ……(2)
     菊池寛/横光利一/河上徹太郎/保高コ藏/福田C人/湯浅克衛

・義務教育は何を期待するや ……坂東藤太郎(56)
・義務教育になるまで(座談會)
   ……松月秀雄/高橋濱吉/咸尚勲/野中濟之助/崔載瑞(77)

・美術時評 ……尹喜淳(15)
・演劇時評 ……呉洋(48)
・滿洲開拓村紀行 ……鄭人澤(62)
・念念行(小説) ……汐入雄作(107)
・山静かなれば(小説) ……飯田彬(90)
・太白山脈(連載) ……金史良(128)

文化陣營 ……(62)
・編輯後記 ……(141)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭(同 )

昭和十八年二月十五日印刷
昭和十八年三月 一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府長谷川町七四 印刷人 近澤茂
京城府長谷川町七四 印刷所 株式會社近澤印刷所
京城府光化門通二一〇 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和18年4月号(第三巻第四號)
半島唯一の文藝雑誌
國民文學 四月號
シナリオ 猛進士邸の慶事

四月號目次

・(巻頭言)奉祝天長節 ……(4)
・朝鮮通信使史話 ……K田省三(38)
・申叙舟 ……加藤灌覺(18)
・このひとすぢ ……呉禎民(24)
・滿洲文學について ……コ田馨(34)

★美術時評 ……尹喜淳(23)
・愛國百人一首評釋 ……近藤時司(48)
★演劇時評 ……牽牛生(32)

・義務教育になるまで(座談會) ……(6)
     松月秀雄/高橋濱吉/咸尚勲/野中濟之助/崔載瑞

★詩壇時評 ……平譲介(46)
・國境 ……鄭飛石(60)
・文報朝鮮研究委員會 ……福田C人(56)

・シナリオ 猛進士邸の慶事 ……呉泳鎭(104)
・小説 土龍 ……李無影(66)
・連載小説 太白山脈 ……金史良(88)

★文化陣営 ……(60)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭(同 )

昭和十八年三月十五日印刷
昭和十八年四月 一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府長谷川町七四 印刷人 近澤茂
京城府長谷川町七四 印刷所 株式會社近澤印刷所
京城府光化門通二一〇 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番



   
昭和18年5月号(第三巻第五號)
半島唯一の文藝雑誌
國民文學 五月
新人創作特輯
農村文化のために

五月號目次

・(詩)帝國海軍 ……佐藤C(4)

新人創作特輯
・聖顔 ……金士永(6)
・海賊プリイ・ヘイズ ……金源庚(52)
・晴風 ……安東益雄(30)

文學賞の作家達
・李無影君 ……寺田瑛(72)
・金村龍濟君 ……寺本喜一(74)
・牧洋君 ……杉本長夫(76)

勤勞文化特輯
・勤勞と文學 ……崔載瑞(78)
・農民と讀物(葉書囘答 ……(98))
・紙芝居と朝鮮 ……和田義臣(83)
・座談會 農村文化のために ……柳致眞/須志田正夫/岡田順一/李家英竹(86)

・婆子庵を焼く ……佐藤九二男(110)
・私の練成記 ……安東益男(106)
・近世文學者列傳 ……山崎良幸(101)
・愛國百人一首評釋 ……近藤時司(114)
・朝鮮通信使史話 ……K田省三(123)

・文報の頁 ……(80)
・音樂時評 ……(51)
・編輯神話 ……(132)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭(同 )

昭和十八年四月十五日印刷
昭和十八年五月 一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府太平町一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府太平町一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府光化門通二一〇 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和18年6月号(第三巻第六號)
半島唯一の文藝雑誌
國民文學 六月
座談會 戰爭と文學
新緑詩集

六月號目次

・(詩)朝鮮半島 ……井上康文(2)
・決戰文學の確立 ……朝鮮文人報告會(40)
・太白山脈(連載) ……金史良(4)
・北の旅 ……牧洋(24)
・海賊 プリイ・ヘイズ ……李源庚(48)

新緑詩集
・家族頌歌 ……趙宇植(20)
・迎春譜 ……柳虔次郎(19)
・飛行詩 ……朱永渉(21)
・海邊五章 ……城山昌樹(22)
・漢江 ……則武三雄(18)

・朝鮮閨秀雑記 ……田中初夫(84)
・農民文學門外觀 ……印貞植(82)
・讀書と京城 ……汐入雄作(86)
・原始林の精 ……山辺a太郎(81)
・買い物袋 ……椎木美代子(88)

・戰爭と文學(座談會) ……(136)
     上田廣/井上康文/辛島驍/兪鎭午/杉本長夫/宮崎清太郎/崔載瑞/金鐘漢

・推進か便乘か ……平沼文甫(98)
・練成の夏 ……盧天命/大島修(128)
・國學者列傳 ……徐斗銖(90)
・美術時評 ……佐藤九二男(25)
・映畫時評 ……西龜元貞(95)

・☆文報囘覽 ……文報事務所(109)
・演劇時評 ……呉禎民(17)

・愛國百人一首評釋 ……近藤時司(102)
・朝鮮通信使史話 ……K田省三(111)

・★新人推薦制規定 ……(目次1頁)
・編輯後記 ……(148)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭(同 )

昭和十八年五月十五日印刷
昭和十八年六月 一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府太平町一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府太平町一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府光化門通二一〇 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和18年7月号(第三巻第七號)
半島唯一の文藝雑誌
國民文學 七月
座談會 海軍の生活
報道演習班・崔載瑞

國民文學七月號目次 ゑ・李承萬

・太白山脈(小説) ……金史良(4)
報道演習班(小説)……崔載瑞(23)
・報道班員の手帖 ……(50)
      趙宇植/鄭飛石/山田新一/則武三雄/牧洋/李東珪
・豚追遊戯(辻小説) ……牧洋(103)
・化の皮(辻小説) ……鄭飛石
・朝鮮美展の模索性 ……尹喜淳(62)
・海軍の生活 ……(118)
     野呂大尉/鈴木兵長/伊藤兵曹
・海にそびえる(詩) ……山部a太郎(18)
・静かな軍港(詩) ……安倍一郎(20)
・日本周邊(詩) ……川端周三(22)

・映画『若き姿』を語る ……(106)
     丸山定夫/黄撒/龍崎一郎/韓相稷/岩井金男/崔載瑞/金鐘漢

・奥平武彦氏のこと ……佐藤C(70)
・新聞の生理 ……三根謙一(72)
・菅沼貞風のこと ……杉本長夫(75)
j・◎新刊紹介 ……(101)
・朝鮮通信使史話(完) ……K田省三811)
・本居宣長 ……須藤●雄(98)
・★文報囘覽 ……(97)
・◎新人原稿募集 ……


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭(同 )

昭和十八年六月十五日印刷
昭和十八年七月 一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府光化門通二一〇 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府太平町一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府太平町一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府光化門通二一〇 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和18年8月号(第三巻第八號)
半島唯一の文藝雑誌
國民文學 八月號
座談會 國民文化の方向
彗慈・長詩・佐藤C

國民文學八月號 カット・李承萬

・徴兵誓願行 ……崔載瑞(4)
國民文化の方向 座談會 ……(16)
     加藤武雄/福田C人/立野信之/古谷綱武/兪鎭午/李無影/寺本喜一/崔載瑞/金鐘漢

・譯詩 草莽 ……金鐘漢(3)
・禊 ……松岩聖根(52)
・私は旅行者でない ……丸山定夫(48)
・文報の頁 ……(127)

わが文學精神
・善意の集結 ……呉禎民(26)
・文學耐乏の精神 ……末田晃(27)
・自己の問題から ……趙演鉉(29)
・文學の試練 ……コ田馨(31)

創作
・銃を持つて ……汐入雄作(86)
・續農村から ……久保田進(106)
・太白山脈 ……金史良(64)

・たらちねのうた(新刊評) ……佐藤C(58)
・(詩)燵石 ……岩本善平(60)
・(詩)君に ……芝田河千(61)
・(歌)たゝかひにしあれば ……添田武男(62)

・同音異音 ……西村眞太郎(42)
・平田篤胤 ……近藤時司(34)
・彗慈(長詩) ……佐藤C(10)
・編輯後記 ……(128)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭(同 )

昭和十八年七月十五日印刷
昭和十八年八月 一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府太平町一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府太平町一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和18年9月号(第三巻第九號)
半島唯一の文藝雑誌
國民文學 九月號
新連載 蓬島物語 牧洋


國民文學 九月號 ゑ・李承萬

・詩篇 燈臺 ……杉本長夫(24)
・時事有感 ……長屋尚作(2)
・新文化と人間形成 ……高承濟(6)
・倫理の系譜 ……呉禎民(11)
・現代への決意(新人推薦) ……朴赫(18)

・文學鼎談 ……(28)
     牧洋/金鐘漢/呉禎民
・朝鮮映畫の現状 ……須志田正夫(40)
・演劇コンクールに就て ……咸世コ(44)
・書籍買切制と讀書人 ……鈴木多三郎(48)
・金剛山に禊して ……中尾C(51)
・みそぎ日記 ……水晶峰人(53)
・☆文報の頁 ……(43)

創作
・花の名 ……上田廣(70)
・矜持(新人推薦) ……呉本篤彦(80)
・太白山脈 ……金史良(104)
・蓬島物語(新連載) ……牧洋(56)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭(同 )

昭和十八年八月十五日印刷
昭和十八年九月 一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府太平町一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府太平町一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和18年10月号(第三巻第十號)
國民文學 十月號 人文社
十月創作特輯號

國民文學十月號 表紙・岡島正元  目次・李承萬

創作特輯
・加川校長 ……香山光郎(2)
・若者 ……岩倉政治(25)
・かへりみはせじ ……鄭人澤(30)
・蒼い顔 ……宮崎C太郎(54)
・忘れえぬ人々 ……田中英光(94)
・たゝかひ ……飯田彬(80)
・太白山脈(終回) ……金史良(104)


・航空日に ……徐廷柱(132)

大東亞文學建設のために
・大東亞意識の目覺め ……崔載瑞(134)
・文學者の提携 ……小林秀雄
・大東亞文學建設綱領の樹立 ……田平(144)
・中國和平運動及大東亞戰爭 ……謝希平(145)
・米英文化よりの解放 ……包祟新(146)
・皇民文學の樹立 ……周金波(147)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭(同 )

昭和十八年九月十五日印刷
昭和十八年十月 一日發行
特價 八十銭 ★送料二銭
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府太平町一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府太平町一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和18年11月号(第三巻第十一號)
國民文學 十一月號
新進創作特輯號

國民文學十一月號 目次・李承萬

新進創作特輯
・幸不幸 ……金土水(51)
・追撃戰記 ……大村謙三(113)
・覊絆 ……呉本篤彦(71)
・本音 ……崔秉一(95)

・海軍のユーモア(現地報告) ……宮崎C太郎(24)

・詩二編 不文の道  奈良に憶ふ ……金村龍濟(2)
・現代詩試論 ……則武三雄(14)
・詩の圓周 ……朱永渉(20)
・大東亞文學賞の作品 ……(滿洲)大内隆雄(122)

・移動演劇の問題 ……直江兼孟(46)
・朝鮮近世古典叢談 ……青木修三(36)
・国文学研究案内 ……荻原淺男(4)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭( 同 )

昭和十八年十月十五日印刷
昭和十八年十一月 一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府中區太平通一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府中區太平通一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和18年12月号(第三巻第十二號)
國民文學 十二月號 人文社
朝鮮學徒出陣/決戰下文壇の一年

國民文學十一月號 目次・扉繪 ……李承萬

宣戰の大詔
・皇道文化の確立 ……寺本喜一(4)
・決戰下文壇の一年 ……石田耕人(10)
・決戰と文學 ……呉禎民(19)


・海戰 ……則武三雄(121)
・學徒出陣 ……佐藤C(221)

・學徒出陣をめぐりて ……崔載瑞(34)
・僕の報道從軍 ……達城静雄(44)
・國文學研究案内(三) ……荻原淺男(24)
・朝鮮近世古典叢談(二) ……青木修三(52)
★文報の頁 ……(9)

創作
・見學物語 ……青木洪(59)
・花野 ……大瀧重直(79)
・選ばれたる一人 ……汐入雄作(91)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭( 同 )

昭和十八年十一月十五日印刷
昭和十八年十二月 一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府中區太平通一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府中區太平通一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和19年1月号(第四巻第一號)
國民文學 一月號 人文社
春を詠める尊王歌人抄/四十年(新連載)香山光郎

國民文學・一月號 目次・扉繪 ……李承萬

・決戰の春(巻頭言) ……(2)
・大東亞に於ける朝鮮半島の在り方 ……松田壽男(4)
・神話と歴史 ……山崎良幸(16)
・扶餘のかゞみ ……牧野弘一(28)


・施身聞偈本生圖 ……佐藤C(36)
・龍飛天歌 ……金鍾漢(40)

・尊王歌人抄 ……近藤時司撰(73)
・私の祈願(出陣學徒の手紙) ……朴赫(60)
・新京の旅……松村紘一(67)
・國文學研究案内 ……荻原淺男(93)
・朝鮮近世古典叢談(三) ……青木修三(53)

・燧石(創作) ……崔載瑞(105)
・四十年(第一回) ……香山光郎(84)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭( 同 )

昭和十八年十一月十五日印刷
昭和十八年十二月 一日發行
定價 七十銭 ★送料二銭
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府中區太平通一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府中區太平通一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和19年2月号(第四巻第二號)
國民文學 二月號 人文社
登攀(150枚全載) 小尾十三

國民文學・二月號

論評
・海軍の生死觀 ……兒玉金吾(2)
・思想的前進 ……平沼文甫(8)
・新しき人間の形象化 ……呉龍淳(13)
・世代と倫理 ……岩谷鍾元(18)

・敬虔な民草(農報隊報告) ……山田映介(30)
・肖像 ……城山豹(24)
・子等の遊び ……李燦(25)
・銃について ……大島修(26)
・山水の匂ひ ……趙靈出(28)
・國文学研究案内(五) ……荻原淺男(39)
・朝鮮近世古典叢談(四) ……青木修三(45)
・支那の頁 ……(78)

・四十年(第二回) ……香山光太郎
・登攀(150枚全載) ……小尾十三(78)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭( 同 )

昭和十九年一月二十五日印刷
昭和十九年二月 一日發行
定價 七拾銭 ★送料二銭
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 編輯兼發行人 崔載瑞
京城府中區太平通一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府中區太平通一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和19年3月号(第四巻第三號)
國民文學 三月號 人文社

國民文學・三月號

・仕へ奉る道 ……宮島克一(2)
・詩 捨身飼虎本生圖 ……竹島榮雄(20)
・本年度總督賞作品について ……楠田敏郎(31)
・滿洲の白系ロシヤ文學 ……牧洋(35)
・學兵だより ……朴赫(27)

・村と氏神 ……鈴木榮太郎(13)
・國文學研究案内 ……荻原淺男(39)
・朝鮮近世古典叢談 ……青木修三(47)

・文報の頁 ……(46)

新人推薦創作
・昇天記 ……奥平修一郎(78)
・金玉均の死 ……南川博(96)

・四十年(第三回) ……香山光太郎(54)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭( 同 )

昭和十九年二月二十五日印刷
昭和十九年三月 一日發行(四〇〇〇部)
承認番號 破第三號
定價 七拾銭 ★送料二銭
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 編輯兼發行人 石田耕造
京城府中區太平通一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府中區太平通一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和19年4月号(第四巻第四號)
國民文學 四月號 人文社
まつろふ文學

國民文學・四月號

・まつろふ文學 ……石田耕造(2)
・萬葉集とまつろふ心 ……近藤時司(19)
・決戰文學の檢討 ……山田榮助(29)
・決戰文學の理念 ……岩谷鍾元(33)
・詩 非時香菓 ……金村龍濟(26)
・文藝時評 ……田中正美(40)
・朝鮮藝術賞作品について ……金村八峰(47)
・朝鮮近世古典叢談 ……青木修三(50)

創作
・その兄 ……宮崎C太郎(55)
・わが縁 ……吉尾なつ子(83)
・虧月 ……呉本篤彦(107)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料二銭)
〇半年分……四圓二十銭(送料不要)
〇一年分……八圓四十銭( 同 )

昭和十九年三月二十五日印刷
昭和十九年四月 一日發行
承認番號 第二二號
定價 七拾銭 ★送料二銭
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 編輯兼發行人 石田耕造
京城府中區太平通一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府中區太平通一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番




   
昭和19年5月号(第四巻第五號)
國民文學 五月號 人文社
國語文學の建設

國民文學・五月號

・巻頭言 ……(1)
・文語詩か口語詩か ……佐藤C(4)
・文學に現れた國語表現の持味とその將來 ……斉藤C衛(15)
・國語文學の前進 ……田中捨彦(24)

國語文學と私 ……(36)
・自戒の辮 ……金士永
・わが素懐 ……城山豹
・國語文學覚書 ……大島修
・古典の魅惑 ……呉龍淳
・私の道順 ……呉本篤彦
・國語文學と私 ……南川博

・國語劇の現状 ……牧山瑞求(46)
・徂徠と國學 ……後藤梹(49)
・新しき人間と倫理 ……平沼文甫(28)


・わたつみのうた ……杉本長夫(12)
・碧靈のこゑ ……川端周三(30)
・思慕詩篇 ……則武三雄(34)

・決戰美術の動向(座談會) ……(58)

・學兵のたより ……(48)
・文報の頁 ……(35)

・非時の花 ……石田耕造(64)
・善靈 ……牧洋(86)
・道 ……金士永(105)


國民文學購讀料
〇定 價……七拾銭(送料四銭)
〇半年分……四圓八十銭(送料不要)
〇一年分……九圓四十銭( 同 )

昭和十九年四月二十五日印刷
昭和十九年五月 一日發行
承認番號 第  號
定價 七拾銭 ★送料四銭★特別行為税相當額六錢
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 編輯兼發行人 石田耕造
京城府中區太平通一丁目三一 印刷人 天山益進
京城府中區太平通一丁目三一 印刷所 毎日新報社
京城府鍾路区鍾路三丁目七六 發行所 株式會社 人文社
電話(光)二六四四番
振替京城二八六三三番



back